近年の日本文化ブームの影響により、海外からの観光客の増加傾向がある観光地として「東京台東区・浅草エリア」があります。

気軽に日本文化を体感できることから、国外からの人気に伴い国内でも再評価される傾向があり、結果的に国内外問わず観光客が多くなっています。旅行の楽しみの一つに「ホテル選び」があります。浅草には可能客の増加を背景に様々なホテルができており、ここではホテル選び関するお役立ち情報を説明します。浅草エリアのなかでも特に激戦区なのが、雷門の周辺エリアです。

メインの観光スポットから徒歩数分圏内という利便性の高さから人気が高くなっており、宿泊先によってはなかなか予約もとりにくい状況なようです。そこでおすすめしたいのが、「隅田川沿い」のエリアです。このエリアは、「浅草寺」や「仲見世商店街」といったメインの観光スポットから少し離れた位置(それでも徒歩十数分圏内)にあるため、観光地特有の賑わいや騒々しさから一定の距離を保つことができます。このエリアをおすすめする理由として、こうした「距離感」のほかに「隅田川の眺望」があります。

隅田川沿いのホテルでは、川に面している立地を活かして眺望が開けている部屋が多く、運がよければスカイツリーや屋形船など、東京の下町を代表するような景色をのんびりと眺めることの可能です。東京のなかでもこれだけ贅沢に見られる場所はなかなかありません。さらに、隅田川花火大会の期間に予約をしておくと、自分の部屋から花火を楽しむこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *