浅草で定期的に行われる伝統的な行事は多数ありますが、中でも古くから伝わる流鏑馬は荘厳な伝統作法であり、風習を見ればお寺や神社で執り行う習慣と通じるような儀式でもあります。

鎧をまとった武士が猛々しい大きな馬に乗り、弓を構え矢を放つ姿はこちらにまで背筋を真っ直ぐに伸ばすような、緊張感と説得力が伝わってきます。的を居抜き走りゆく姿は絶対的な迫力があります。これからも日本を象徴するもののようにずっと残したい行事の一つです。夏には浅草の各所で毎日のようにお祭りが開催されます。

様々なお祭りがある中で、恒例となっているものがサンバカーニバルで、大胆な水着にカラフルなメイクやヘアスタイルの人々がテンポの良い軽快な音楽に合わせ列をなして踊り歩きます。明るい笑顔を振りまきながら、ノリの良いダンスを披露する様は見ている人も陽気になれます。このような行事があることで人々はお互いに元気を貰えるのでしょう。

やはり定番となっている行事はお寺や神社の初詣で、浅草寺を筆頭に様々な参拝所があるので大晦日から浅草近辺は賑やかな雰囲気に変化します。そしてお正月になれば着物を着た人々がお参りに来てはそれぞれの祈願を唱えます。一年の始まりにこれを行うことで快く生活をスタートさせる人も多くいます。浅草の行事は歴史も深く粛々と行うものも沢山ありますが、気軽にそして誰もができる愉快なものもあります。色々なことを見て学び、その伝統を楽しみたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *