浅草の行事は、「三社祭」と「浅草サンバカーニバル」、「隅田川花火大会」などの行事に代表されますが、神社の境内に数多くの露店が軒を連ねる「酉の市」や「四万六千日ほおずき市」、「歳の市」などの行事も行われています。

酉の市は、東征時に日本武尊が鷲宮神社で戦勝祈願したことに由来して日本武尊が亡くなった11月の酉の日に行われていた大酉祭が起源とされ、現在では11月の全ての酉の日に行われる年末の風物詩です。酉の市は、午前零時に打ち鳴らされる一番太鼓の音ともに開始され、鷲が獲物を鷲つかみにする鷲の爪を模した「縁起熊手」や「熊手守り」が縁起物として販売及び授与されています。

酉の市は、年によって三の酉まで開催されることがありますが、三の酉がある年は家事が多いとする俗習が江戸時代からあります。歳の市は、毎月18日に行われている観音詣の最終日にあたることから納め観音詣とも呼ばれる年末の行事であり、江戸時代には新年に必要な正月用品が中心に販売されていました。

江戸初期の羽子板市には、花鳥風月や松竹梅の縁起の良い図柄が浮世絵画家などによって描かれていましたが、江戸時代中期には押絵細工で当時人気の歌舞伎役者の舞台姿を描き出す羽子板が人気となりました。現在では、世間の注目を集めた芸能人やスポーツ選手の変わり種の羽子板の人気が高く、本年は女子テニスプレーヤーやお笑い芸人の羽子板が話題になると言われている浅草の風物詩です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *