「ぱいち」は、3代目若店主が伝統の味を守る浅草の洋食レストランです。

昭和11年の創業当時は居酒屋として始まりました。2代目店主が看板メニューとして力を注いできたというビーフシチューは、牛すじと野菜を煮込んでは濾すという作業を何度も繰り返し4日間も煮込まれます。グツグツと音をたてる鉄鍋に入れられ、その音にも食欲をそそられる芸術品であり、長時間丁寧に煮込まれ深みと奥行きのあるビーフシチューは、あっさりしていながらも奥深いコクがあり、白いご飯との相性が抜群です。

2代目店主から3代目店主へとしっかり受け継がれたビーフシチューの味は、伝統を感じさせる浅草で必ず食べておきたい逸品です。本格ロシア料理が楽しめる「ボナフェスタ」は、ミシュランガイドのビブグルマンにも掲載された老舗のレストランです。下町である浅草のレストランであるということに誇りとこだわりをもち、価格はあくまでリーズナブルでありながらもおいしい料理を、肩肘を張らないサービスの中で楽しんでもらえることを目標にしています。

おいしさの追求のため、通常ロシアでは使用されない食材も使用し、どこまでもお客様のことを第一に考えたお店です。看板メニューは開店以来の名物、キャベツロールです。おいしいことはもちろん、口当たりの良さが抜群で誰からも愛される味の秘密は、ブイヨンで5時間程度、更にトマトソースでも3時間ほど煮込むという手間暇から生み出されるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *