浅草にきびだんごという人気のスイーツがあることはご存知でしょうか。

それは、雷門から仲見世通りに入っていくとすぐの場所にある名店で売られています。浅草のきびだんごは江戸時代に仲見世で実際に売られていた物を再現した和菓子ですが、小さめのやわらかいお団子にきなこがたっぷりとかかっており、このエリアに来たら必ず食べるというファンが多い一品です。浅草名物のきびだんごは実演販売されており、元気な店員さんたちが作りたてを提供してくれるので、温かくやわらかいお団子を食べられるのも良い点になっています。

お店の横にテーブルがあり、その場で食べられますが、夏に販売されている冷し抹茶や冬の甘酒といった飲み物を一緒に注文して味わうと更に楽しめるでしょう。浅草のきびだんごは、甘党の人なら一度は食べてみたい名物スイーツと言えます。しかし、甘すぎるというほどでもないため、特に甘い物が好きというわけでもない人も食べておくと良い思い出になります。

遠方から浅草に観光旅行に来た人はもちろん、このエリアに日帰りで遊びに行く人にもおやつとしてきびだんごを食べることはおすすめです。5本以上からの販売ですから、友達や家族と分け合って食べても楽しいですが、小さめのサイズのお団子なので一人でも無理なく食べられて元気が出ます。気に入った場合はおみやげ用に販売されている物を買えば家でもこのスイーツを楽しめるため、雷門付近に行く時は是非この人気店に立ち寄ってみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *