浅草は日本を代表する観光地で、日本の伝統を濃く残し景色を楽しみながらバラエティ豊かな街並みやお店を堪能することが出来ます。

特にお勧めしたいのが仲見世商店街で、浅草寺の入り口にある雷門から境内を結ぶ道の両側に数多くの土産物店やフード店が立ち並んでいるのが魅力です。特に人気が高いスポットで、この仲見世商店街でイチオシの食べ歩きグルメが浅草きびだんごあづまです。きびだんごの専門店で、着物姿の看板娘が実演販売を行っているのが特徴です。目の前で手早くスタッフが団子を湯がき、仕上げにたっぷりときな粉を絡めてくれます。

ミネラルとビタミンが豊富なので肌にいいと女性からの人気が特に高いと言えます。そんなできたてのきびだんごが5本330円で食べることが出来、柔らかくモチモチしていておやつに最適です。さらに夏はきな粉の甘さヲスッキリさせてくれる季節限定の冷やし抹茶とセットで注文するといいでしょう。こちらの冷やし抹茶は110円で、あづまは定休日なしなので、いつ行ってもきびだんんごが食べられます。

ただし営業時間は9時から19時で、売り切れ次第終了となるので、その点はご注意下さい。他にも食べ歩きグルメとして、夏に人気があるのが浅草ちょうちんもなかです。駄菓子屋で販売されているアイス最中を現代風にアレンジした一品で、国産のもち米を使用したパリパリの最中の食感が魅力と言えます。そんな最中でアイスをサンドしていて、クリーミーなアイスクリームが人気の理由です。そんなアイスもなかはどれも1個330円で、季節限定の味も登場するので、浅草に訪れた時にはチェックするといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *