浅草寺の門前に並ぶ仲見世では、いろいろなグルメを楽しむことができます。

せんべいや人形焼き、メロンパンなどは有名ですが、最近はきびだんごに注目が集まっています。昔ながらの質素なグルメなのに、なぜ今更人気なのかと不思議ですが、実は歴史が深く、本来の浅草の食べ歩きを堪能できる由緒ある逸品なのです。実は浅草できびだんごは江戸時代に浅草寺に参拝する人が食べていた歴史があります。つまり江戸時代から続く名物で、そのころから大人気商品だったのです。そのあとに一時、他の食べ歩きに人気が移ってしまい影が薄れました。

しかし、今、手軽に食べられるし量もちょうどよいと再ブームが起きています。黄な粉の香ばしい香りも日本的ですし、実際に店頭で団子を焼くところを実演している店も出てきていて、出来立てを食べられるのも魅力です。きびだんごはその場で食べることもできますが、テイクアウト用も販売されています。そのため自宅へのお土産にも最適ですし、店頭でお茶などと一緒に休憩しながら食べるのもぴったりです。

この手軽さや日本の風情を感じられるのもおすすめですし、シェアしながら食べられるのも人気の秘密でしょう。甘すぎないので男性でもおいしくいただけますし、もちもちとした食感も楽しめます。参道で気軽に立ち寄れて、出来立てを楽しめる手軽なグルメとして見直しをされたきびだんごは人気商品です。季節問わず和のスイーツとして賑わいが絶えません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *