税理士は日本において国家資格であり、業務内容は税務に関する相談をはじめ、税務書類作成や税務代理などを中心に行っています。業務内容に相談・アドバイスがあることから、コンサルタント的な立ち位置も多くなっています。税理士転職の際には、会計事務所への転職も有望な候補です。会計事務所は全国に100万社以上ある中小企業を会計・税務面で支えるだけでなく、大企業に対しては高度なサービスを提供する存在です。

ステップアップを望む人にとっては魅力的な職場といえます。このような会計事務所に求められる人材は税理士としての能力はもちろん、それだけでなく積極的にクライアントに関わることのできるサービス精神です。中小企業の経理・財務のほとんどすべてをバックアップしている存在なので、クライアントからはかなり頼りにされます。つまり会計事務所はサービス業であり、望まれる人材にはサービス精神が必須になります。

会計事務所への税理士転職では、基本的な税務に関する能力に加え、クライアントの経営課題や会社の問題についても積極的な提起ができる人材が求められます。クライアント思いのサービス精神が大切であり、それを実行できることが転職成功のカギです。さらに野心を持てば、大手企業のクライアントの個別案件への参加でプロジェクトの一員になることも出来ます。税理士事務所にいた時とは違う展開が可能となり、他にもM&A関連の難易度の高い案件にも関われるチャンスがあります。

会計事務所への税理士転職は、まずは自分にその適性があるかを見つめることです。業務のベースが事務作業の正確さであることは間違いないので、それを考慮した上での適性を考えてみましょう。