税理士転職を成功させるためには、勤務先を探す中でいくつかチェックしておくべきポイントがあります。まず、報酬について確認するのは当然ですが、面接を受ける企業や事務所で幾らの報酬をもらえるかではなく、業界で自分がどの程度の報酬をもらえる可能性があるかを判断してください。幾つかの事務所や企業を調査して、給与が平均的なのか、高額なのかを確認します。次に、面接を受ける事務所や企業で働くスタッフに年齢の偏りがあるかを調べてください。

人材育成に成功し、スタッフの勤務期間が長い職場ほど年齢構成に偏りがありません。特に、経験豊富な50代以上と20代の若い新人のみが在籍している職場は、全てではありませんが、中堅層の税理士転職が多い職場とも判断できます。面接時に人材の年齢構成を質問するとより判断がしやすくなるでしょう。面接で特にチェックしたいポイントは、所長や責任者の態度や人柄です。

職場環境の良さはトップのあり方によって大きく影響を受けるものと言えます。職場にいるスタッフの上役に対する態度や接し方からでも、所長の人柄がどのようなものか判断しやすいです。税理士転職では求人票から、その企業や事務所がなぜ募集をしているのかをチェックするのも大切でしょう。プロのキャリアアドバイザーに相談すれば募集の理由について、より把握しやすいかもしれません。

退職者が出たから、同等かそれ以上の能力がある人材を求めるために募集をしたなど、求人の背景から採用者に対する期待や要求を読み取り、自分のスキルに見合った職場を選びます。税理士転職のことならこちら