法人数が増えているなどの背景から、税理士は売り手市場の状況にあります。売り手市場の状況であっても、税理士転職がうまくいかないというケースも見られます。転職で失敗したと感じる理由の1つが、転職先の探し方が間違っていたからです。不十分な情報収集や目的をしっかりと定めないなどの状況だと、転職でより良い結果が得られない可能性もあります。

新しい職場で働き始めてから後悔しないように、より良い転職先の探し方を考えるようにしましょう。税理士転職における求人の探し方の1つが、転職エージェントを利用することです。転職エージェントは、非公開の求人情報も含めてさまざまなデータを持っています。そのようなデータを教えてもらえることで、情報を把握したうえで自分に合った職場を見つけやすくなります。

また年収の交渉なども代理でしてもらうことが可能なので、少し条件が合わない場合でも、交渉次第で納得のいく形で税理士転職ができる可能性が高まります。また転職エージェントを利用する前に、自分の中でどのような転職にしたいのか条件を整理しておくことも欠かせません。給料アップやスキルアップ、ワークライフバランスの充実など人によって転職で求める条件は異なります。実際にどのような条件の職場を求めているか転職エージェントに伝えることで、自分に合った税理士転職の求人を紹介してもらいやすくなります。

言葉にしないと条件は伝わらないので、エージェントとの話し合いから転職活動をスタートさせましょう。税理士転職のことならこちら