すでに社会人として働いている方で、未経験者から税理士転職を検討している場合、何から始めればいいのかわからないという方は少なくありません。もし社会人として働きながら税理士転職を目指すのならば、まず行うべきなのが税理士試験の勉強をいかに効率よく行えるかという点にかかってきます。そのためには事前に情報収集とプランニングを行うことが欠かせません。税理士試験の突破は難関だといわれており、特に働きながら税理士転職を目指すとなると自分の生活を支えつつ税理士試験の勉強を行う必要が出てきます。

そのため5年後に税理士試験合格することを目標とするならば、生活リズムがある程度固定されている分、勉強の習慣を早くに定着させることが重要です。税理士試験では科目合格制度を採用しているため、合格に必要な5科目全てを一度に受験し合格する必要がありません。そのため任意の科目だけを選んで受験することが可能であり、他の多くの国家資格試験とは異なり不合格が全ての科目を受け直す必要がない特徴を持っています。どのような職業で働くにしても税金に関する知識が必要となる局面は訪れます。

税理士は税金のスペシャリストであるため、税金実務に仕事で携わったり税理士事務所で未経験者として働くようにすると、税理士がどの程度の知識や運用能力が備わっている必要があるのか、合格に必要とされる知識や運用能力を知ることが出来るので、実務経験を通じて合格に必要な水準がイメージしやすいです。そこで実務経験から勉強しやすい受験科目を優先的に決め、そしてしっかり学習計画を立ててコツコツ進めていくことが税理士転職への近道になります。