自分に合った税理士転職をしたいなら、求められている職場の情報を集めることも大切です。年代によって求められる職場には違いがあるので、どのような職場の候補があるのか調べたうえで、自分が活躍できる環境を選ぶようにしましょう。20代の税理士転職の場合、税理士の資格取得の勉強をしながら経験を積みたいという方も多くいます。試験の必修2科目に合格していれば働ける税理士事務所も多くあるので、働きながら試験の合格を目指すことも可能です。

経験を積むだけではなく、試験のためのバックアップ制度がある税理事務所や会計事務所なら働きながら学びやすくなります。一方で30代の税理士転職の場合、実務経験を活かせる即戦力が期待される職場を探すのも1つの手です。資格を持っている30代の方は、長く活躍してくれる可能性が高いため多くの企業で求められている人材です。税理士事務所だけではなく大手企業での募集にも応募できるので、自分が理想とする働き方に合わせてどのような職場がいいか考えていくことが可能です。

一般的な転職では、40代以上になると求人を探すのが難しくなる傾向が見られます。しかし税理士転職の場合には、資格を持っているという強みがあるため、40代以上でも転職が比較的しやすくなっています。専門知識を持っている人ほど良い転職先が見つかる可能性が高いので、自分のスキルを活かせる求人を探しましょう。海外資本の企業やベンチャー企業などを選択肢に入れるのも1つの手です。