税理士転職の際の勤務先は、会計事務所、税理士法人がメインで全体の7割程度、一般事業会社が2割程、会計系や資産系のコンサルティングファームが1割程です。そして税理士転職の主な職場となる会計事務所や税理士法人で求められているのは、20代から30代前半までなら法人顧問業務、申請書作成業務の担当となります。未経験OKな採用が多いのが特徴で、30代は半ばとなると実務だけではなくマネジメント能力も求められるようになります。さらに40代以上だと幹部候補としての採用となるので若手の育成を担う必要があると言えます。

次に税理士転職先として多いのが会計系、資産税系コンサルティングファームの仕事です。コンサルティングファームにもいろいろあるのですが、税理士の場合は会計系だとIPO支援やM&AmpA、さらには組織再編と事業再生等の導入支援を行うことになります。資産税系は相続税や事業承継に対するアドバイスと言えるでしょう。一般企業への転職の場合は専門知識が重要視されます。

30代前半ならチャレンジが可能でもそれ以降の年齢は専門知識がなければ務まりません。社内の人間ではカバーできない知識と経験が求められています。つまり法人税務や連結納税、さらには組織再編や税務DD、国際税務といった高度で専門的な税務経験を活用して転職活動をすれば成功率が高いと言えますし、システムの導入支援の知識があればかなり優遇されるのが特徴です。