数ある国家資格で誰でもおなじみの税理士は、企業などの決算業務をはじめ税務のスペシャリストで幅広い需要があり、個人事業主などからもひっぱりだこの職業です。税理士に転職するには、まずは国家資格である税理士試験に合格する必要があります。5科目の指定科目に合格することにより資格取得できますが、この科目は一度にすべて取得しなくても計画的に数年かけても構わないことになっているのが他の国家資格と違うところです。具体的には、一般的な取得科目の例をみると、簿記論、財務諸表論、法人税、所得税、相続税の5科目取得が多いみたいです。

その他、受験資格も決められており、学歴による受験資格ですと、大学等を卒業し法律学または経済学を1科目以上取得した人等、資格による受験資格では、日商簿記1級合格者等、職歴による受験資格では法人又は事業を行う個人の会計に関する事務に2年以上従事した人等があげられます。税理士転職後の仕事ですが、経済活動がますます複雑多岐にわたりその税制も年々複雑かつ改正により税務に専門性がとても高まっています。今後の税理士業務の需要を考えた時とても有望な転職になること間違いありません。企業等で会計事務に永らく携っていた方々などは、比較的税理士転職はハードルが高くないかもしれませんので是非挑戦してみたらいかがでしょうか。

税理士転職後の収入はもちろん受け持つ企業やお客様にもよりますが、かなりの高収入が期待できます。税理士転職のことならこちら