簡単に取得してその後はすぐに活かせても、あまり高い収入が期待できない資格では、転職の際にもさほど役に立つとは言えません。一線を引くのが税理士の資格、税理士転職は短期間で取得できても高い報酬に繋がらないものではなく、無資格よりずっと高い年収を期待することができます。そのためにもライセンス取得を経てからの実務経験も必須、期間としては2年以上ですから短い期間ではありません。そこで税理士資格を取得してからの税理士転職では、会計事務所への転職をするのも、多数の実務経験を積める良いチャンスです。

会計に関わる仕事や租税関連業務を毎日山のようにできる会計事務所なら、実務経験を積むにしても最高の環境になります。税理士転職で注目したい会計事務所への転職は、自分の仕事キャリアの幅を広げることのできる格好のチャンスです。監査法人や事業会社などの経理部門で働くのも良いですが、それらと比べた際に会計や税務の業務に特化をしているのが会計事務所であり、環境的によりたくさんの業務を行うことができます。取引できるクライアントも実に幅が広く、規模の大きさや業種に関しても実に様々です。

そのため実務を通じてこれまでの職場にはない、新たな業務をこなすことができたり、豊富な知識をインプットできるため実務能力を高めていくにも大変有効な働き方ができます。雇用されるだけではなく、いつか独立を視野に入れての税理士転職であっても、運営の仕方や事務所の経営などを身近に体験できるのは有利です。