最も避けたいのはミスマッチですから、税理士転職のときには入社前に心に引っかかる点は確認をすることも必要です。採用をされたい思いが強い余り、面接時には就業条件の詳細や残業に関して、正直な質問を控えてしまうことがあります。こうした質問は印象を悪くする可能性があるためですが、逆に疑問こそスッキリさせておくべきことです。正確に勤務する際の希望や現状を面接時には伝えること、きちんと話し合って納得をした上での税理士転職にする事も大切になります。

何かの目標を持っての税理士転職ならば、それが何かを自分自身で明確にしておくことです。キャリアアップを目指してのことであれば、会計事務所や大手の監査法人などは有益な候補になります。一般的にこうした職場は激務というキーワードもついて回りますが、それだけ実務経験を数多くこなして実績を積み上げられるチャンスです。自らスキルを日々の業務で自然に磨いていくことができるため、自信の仕事への自信も向上をしていきます。

まさに箔が付くといっても良いのも、こうした激務の職場環境に身を置くことです。幅広い人とのつながりができていきますので、人脈作りも自然にできることになりますし、将来的なキャリア形成にも役立ちます。加えて頑張った分だけそれが結果になって返ってくるのは働き甲斐を感じられる部分であり、年収がこれまでよりずっと高くなる期待が持てるのは言うまでもありません。どんなに激務だとしても自分のキャリアは磨かれ、高い収入となって跳ね返ってくるのですから幸運な転職になります。