チャンスを掴むポイントとして最高のタイミングを狙うのも大切なこと、税理士転職であってもベストとなる転職時期を知り行動に移すのは有利です。税理士法人や税理士事務所は税理士転職での人気ある市場、規模の小さな個人事務所もあればBIG4税理士法人も、さらに特化型事務所などもあります。年間を通して転職サイトには多数の求人が出てはいますが、特に繁忙期を迎えるのは秋の11月から初夏を迎えるころの5月です。この時期になると年末調整の依頼は増えますし、年を越えたら今度は確定申告があり、さらに決算や専門知識必須の法定調書の作成及び償却資産税申告など、仕事の依頼に困ることはないシーズンの到来になります。

それだけ忙しさは極限に近づきますが、これらのタイミング自体が集中をするのはほんの少しだけ時期をずらしてです。反対に閑散期に入るのは夏の日差しも強くある6月から、暑さが落ち着いて過ごしやすくなる10月までになります。主な業務は通常の業務がメイン、季節的な業務がオンパレードで続いた時期とは異なり落ち着く時期です。こうした背景を考えて税理士法人や税理士事務所への税理士転職を試みるなら、年間に3回訪れるベストシーズンを狙うことができます。

具体的には8月の後半、師走も走る12月と清々しい時期を迎える4月から5月です。最も採用意欲が向上をするのは8月の後半、潜在的能力も含めてのポテンシャル採用をしやすい時期でもあります。