キャリアアップを高めるためにも税理士転職は勇気ある行動であり、転職先として考えられる最も正統派ともいえるのは会計事務所への転職です。まさにその道の専門家たちが集結をする職場であり、個人及び法人が主なクライアントになります。形式としてはこれらの顧客との税務顧問契約であり、ビジネスモデルの在り方で月額の顧問収入が収入源のメインです。長く続く顧問契約があるなら収入自体も比例をして安定をするため、税理士転職先として視野に入れる人は多くなります。

法人のクライアントを新たに獲得する点に関しては、同業企業による市場占有率を拡大を目的としての過度の競争状態を考えると、昔と比べて今は簡単とは言えません。新たな市場で次に注目されるのは個人のクライアントを獲得していく方向であり、規模が小さい個人事業主にはだからこそ求められるニーズでの獲得戦略を行います。小さい事業規模であることから、大手と比べて会計ソフト自体に不慣れというのは珍しくありません。そこで個人事業主を対象にした会計ソフト入門セミナーを開催したり、コンサルティングをするなどの業務を行う会計事務所も増えています。

AIやスマートフォンを使っての税務処理にも強く、人に教えるのも得意なら税理士転職先に、こうしたコンサルティングやセミナーを開催する事務所を選ぶのも良い考えです。こうした業務が実はその事務所にとって、従業員に毎月支払われる給与となる収入の柱となっていることもあります。