会計士転職と聞くと、安定した職業なのにどうしてと思う人がいるでしょう。確かに、収入が安定している職業ですが中には仕事場の環境が合わず転職を考える人もいます。日本三大国家資格と呼ばれる会計士が、転職するのは安定しているのか知っておきましょう。会計士転職は、市場の動向からして有利なのか見ておくと良いです。

せっかく資格を取得しているのなら、自分にあった環境に変わるべきでしょう。結論から申し上げると、公認会計士は業界全体からみて人材不足のためニーズがあります。そのため、会計士転職は有利といえるでしょう。人材不足に陥っていますが、ニーズは高いため業績が好調な会社も積極的に採用を考えているところが多いです。

各自の事情もありますが、転職を考えているなら踏み切っても構いません。もとから転職に有利ではありますが、さらに確率をアップさせたいなら身に付けておくと良い能力があります。ただ、会計士としての知識であれば多くの人が持っていますがプラスアルファはなかなかいません。安定した転職にするためにも、身に付けるべき能力をご紹介します。

それは、コンサルティング能力です。会計士の仕事の中には、顧客と話をして進めていくことがあります。顧客との会話で、的確なアドバイスができれば信用を掴むことができます。コンサルティング能力があれば、人気がでて更なる顧客獲得にもつながるため困ることはありません。

ある程度会話も必要なことから、コミュニケーション能力も身に付けると最強になります。