医師、弁護士と並び三大国家資格と言われる公認会計士は、「財務諸表監査」という独占業務を担う会計分野のスペシャリストです。難易度が高い国家資格を有しており、独占業務を執行できる希少性から平均年収が高い傾向にあります。また、年功序列が多い一般企業の昇格制度よりも職階が上がるスピードが速いうえに、実力主義の業種であるため年齢が若くても早い昇格で高収入を得ている人もいます。公認会計士という資格を持っていても就職先によっては得られる収入や業務内容にはばらつきがあるため、会計士転職を目指す際には事前に就職先毎の特色を確認しておいた方が良いでしょう。

会計士転職を考えた時に転職先として候補に挙がるのは会計事務所や監査法人だけではありません。その種類は様々で、M&AコンサルタントやFASのようにM&A案件の増加に伴ってこれからよりニーズが高まりそうな転職先もあります。ただし、初めて会計士転職を考える場合には会計士としての基本業務を習得できる「会計事務所」、「監査法人」、「税理士法人」辺りが無難で、所属する事務所の規模が大きいほど年収も高いことが多いです。これらの就職先で経験を積むと企業の経理部や内部監査部門、投資銀行でのM&Aの仲介やFASなどへの更なる転職で年収アップが狙えます。

特に大企業の経理部や内部監査部門であれば福利厚生や就業時間も整備されていることが多いので、高収入の他に安定したワークライフバランスも得やすくお勧めです。会計士転職のことならこちら