会計士転職で若手の人に人気なのがコンサルティング会社で、大きなやりがいがあり監査と違ってクライアントをサポートするので感謝される機会が多いです。コンサルにも種類があり会計士だとFASと戦略で、FASコンサルには国内系と監査法人アドバイザリー部門があります。FASは「監査法人からの転職先」として人気で、監査の経験を活用して新しいスキルを得られる職業です。FASは会計面から提供するコンサルサービスで、財務の投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査したり、バリュエーション・企業や事業再生・他のFA・不正調査です。

監査法人のアドバイザリーと比べてクライアントの規模は小さくてたくさんのプロジェクトにも関与するので、やりがいがは大きいです。財務DDは監査と殆ど同じなので監査法人出身の会計士転職だと即戦力になれます。監査法人アドバイザリー部門は、ネームバリューがありクライアントの規模が大きくて報酬が安定して高い傾向です。ただ、プロジェクトの規模が大きいので関与出来る業務もサービスラインで区切られます。

VAL・不正調査など複数のサービスラインに関わることは原則としてなく、サービスの品質は高いのであるべき水準を知ってから、それから国内FASへ転職して経験を活かす人もいます。戦略コンサルも会計士転職でありますが、こちらはビジネス面でのコンサルでクライアントの売上獲得に直結するので充足感も得やすい分、プレッシャーも大きく会見監査の経験が役立つ機会が少ないので他のキャリアを経験してから転職先に選ぶことが多いです。