会計士転職の主な理由として、スキルアップのためという人が一定の割合でいます。今の職場で仕事を続けてもこれ以上はスキルが上がらないと感じたら、さらなる高みを目指せるような職場に移りたいと考えます。今の会社で求められているスキルが自分には合わないと感じている人も、次の仕事を探そうと考えますし、経験を活かしきれない職場では正当な評価が受けられないという理由で動くことも少なくありません。長い目で見るとスキルを高めることはとても大事ですので、キャリアプランが立てられない職場にいるのなら、早めに動くのがお勧めです。

資格職である会計士転職では、独立するために動くこともあります。公認会計士として十分な経験を積んだ後であれば、独立するのも夢ではありません。雇用される側よりも自由な環境で働くことができますし、自分が会社を動かしていることでより大きな遣り甲斐があります。職務面で優秀な人なら、若いうちから独立を目指すのも良い方法ですので、独立の手順について調べておきましょう。

待遇面に不満があって年収を上げたい場合や、ワークライフバランスを改善したい時でも、会計士転職を考える人がいます。給与面で不満が無くても残業時間が長くてプライベートな時間が削られてしまう場合には、長く続けるのが難しいと感じます。この場合にお勧めなのは企業の経理や内部監査等の仕事であり、同じ会計士の仕事でもワークライフバランスの改善を追求できる種類です。