会計士転職が上手くいくかどうかは、書類の仕上り具合に左右されます。履歴書はあまり大きな意味を持たず、書かれている内容もそれほど重要視はされません。大事なのは職務経歴書ですので、書く内容はしっかりと精査し、構成も熱意が伝わるようなものにする必要があります。応募する側は自分の主張ばかりを伝えてしまう傾向にありますが、読み手の立場になって考えてみると書くべき内容が少し異なることが分かります。

転職先の採用担当者がどのように評価してくれるかを考えながら、書くべき内容を絞り込みましょう。先にやっておくこととして、キャリアの棚卸は必須です。会計士転職ではこれまでの経験や持っているスキルが重要ですので、キャリアやスキルを改めて確認する作業が求められます。それを履歴書にまとめるために自己分析を行い、そこから自己PRの内容を引き出します。

内容は求人票に記載されている条件を見ながら決めることも重要です。求められる人物像に合致していることをアピールする機会でもあり、合致していることを客観的に示せれば好印象を与えます。レイアウトとして、項目ごとに分けて見出しをつけたり、成果や期間は数字を出して明確にすることも忘れてはいけません。数字を使うと実績に説得力が出て、より強いアピールになります。

誰が読んでも分かるような内容にすることも大事であり、簡潔な文章を心がけると伝わりやすくなります。読み手を常に考えながら作成すれば、理想の会計士転職を叶えることができそうです。