会計士転職でも先に書類選考が行われて、書類選考に無事に通過できた人が面接に進めます。書類は職務経歴書が重要ですので、記載する内容はしっかりと考えなければなりませんが、書き方さえマスターできれば効果的な作成ができるようになります。基本的なこととして、採用担当者が読みやすいと感じられるような文章やレイアウトにすることが大事ですので、見やすい書類を心がけることが大切です。これまでに経験した仕事を説明するとなると文章で記載しがちですが、読みやすさを追求するのなら箇条書きに徹した方がより効果的です。

これらの点に気を付けながら職務経歴書を作成すれば、経験やスキルに問題がなければ高い確率で通過できます。会計士転職での面接試験では事前の準備が必要ですので、まずは企業分析から始めましょう。企業理念や事業内容、有価証券報告書等に目を通し、今後の事業の方向性を探ります。きちんと調べてあると面接の時でも慌てずに答えることができ、本当に興味を持って応募してきたことを示せるので強いアピールになります。

転職理由や志望動機ですが、ネガティブな内容はNGです。重要なのは転職した後にどのような仕事をやりたいかであり、明確なビジョンがある人物が評価されやすいと言えます。会計士転職ではやりたい仕事がはっきりしている人が好まれるので、前もっていくつかの仕事を考えておくことをお勧めします。全体的な流れとして、話に一貫性を持たせるとより効果的です。