会計士転職で大事なのは、これまでに培ったスキルを活かせるかという点です。まだ経験の浅い人は、今後のキャリアプランを考えた上で職場選びをする必要があります。採用する側から見ると経験の浅い人の場合には見るべきポイントが絞られてきて、主にコミュニケーション能力や人間性がチェックされることになりますので、求められるレベルはそれほど気にしなくても大丈夫です。ある程度の経験を積んでいる人の会計士転職では、やはりこれまでに行ってきた業務がチェックされるため、きちんとアピールできるようにまとめておきましょう。

理想の会計士転職を実現するために色々な職場を調べるわけですが、条件をクリアしているところがなかなか見つからなかったり、市場価値に合わせた応募ができないこともあります。そんな時に活用したいのがキャリアコンサルタントであり、応募者の市場価値を客観的に判断してどのようなところに応募すべきなのかを教えてくれます。採用試験を受けるための準備も一緒にしてくれますので、初めての転職の場合にもおすすめです。自分の持つ能力をアピールするためには、スキルの棚卸をしなければなりません。

これまでにやってきたことを列挙するだけでも大体のことは分かりますが、その業務を通じて習得できたことや今後に活かせることも一緒に記しておくと、面接試験の時に詳細に説明できます。書類審査の後に行われる面接試験はとても大事ですが、緊張して上手く話せない人がいますので、入念な準備をすることをお勧めします。