会計士転職は、他の業種同様に就職氷河期といわれた時期が存在していました。このような時期ではあるけれども、公認会計士の試験を受験みごと合格した人材がいて、資格を取得できたけれども時流により監査法人への入所ができなかったようです。そのため、当初は事業会社の経理職として就職を行ったのですが、仕事をしている中で公認会計士のキャリアを考えるようになり、大手の監査法人で仕事をしたい想いを募らせ会計士転職をする決意を行ったのです。これは会計士転職の事例の一つであり、志望の動機に繋がる話の一説になります。

監査経験がないだけでなく、就職氷河期の影響で就職活動に苦戦していた関係から社会人経験の年数は同年代の会計士と比べると短めなどの条件です。これに加えて、就職活動を始めると履歴書の中では社会人経験の年数がネックになっている中々書類選考に通過できずに苦戦が続く状況です。書類選考は文字通り書類だけの評価になるので、社会人年数が短いことが先行担当者の目に留まってしまい思うように会計士転職を妨げていたわけですが、このようなケースも含め転職エージェントの中でも会計士に特化したエージェントを選択することで転職活動をスムーズなものに変えてくれる、そして会計士転職に強い転職エージェントを通じて活動を行うことはミスマッチを防止できるなどのメリットに繋がって来ます。転職サイトは数多くあるけれども、会計士の仕事で転職するならエージェントをうまく使い成功に導くことをおすすめします。