会計士転職では履歴書よりも職務経歴書が大きな意味を持ちます。主に目を通すのはこちらの書類であり、書かれている内容を瞬時に把握できるように工夫することが大切です。文字を書くのが苦手な人は読みにくい書類になってはいけませんのでPCで作成するのがお勧めであり、PCでの作成を選択するとレイアウトにも凝ることができます。間違っているところがあれば簡単に直せますし、複数の事務所を受ける場合でも必要に応じて修正するだけで良いので時間短縮ができます。

読み手のことを考えて職務経歴書を作成するのが会計士転職でも鉄則ですから、まずは構成を考えましょう。レイアウトは基本的に自由であり、必ず記載しておきたい項目がいくつかあります。職務の概要や職務経歴は会計士転職の結果を左右する部分ですので、より力を入れて作成することが大切です。これまでの経験の棚卸をして、箇条書きで書き出すと必要なことを把握できます。

普段から新たな経歴が加わった段階でまとめておくと、転職活動を始めた時に慌てずに済みますので、日ごろから定期的にメモを取ることをお勧めします。免許や資格は事実をそのまま記載するだけでOKです。特に工夫はいりませんし、PCスキルに関しても客観的な能力を記せば伝わります。自己PRは応募者のカラーが出る部分であり、その事務所に入りたいという熱意を伝えるのはこの欄です。

入社後にその事務所で何をしたいのか、将来的にはどのような会計士になりたいのかも併せて記載します。