Skip to content

一般的な葬儀の費用は200~300万円

葬儀の喪主を務めることは、そう何度もあるわけではありません。長男であれば親の葬式が初めてになるケースが多いでしょう。長男以外の男性や女性の場合、配偶者が初めてになるでしょう。もちろん配偶者よりも先に亡くなることもありますので、一生喪主を務めない人もいます。

葬儀の費用を具体的に知ることになるのは、喪主を経験した時くらいですから、ほとんどの人が、一体どれ位お金が必要なのかわからないまま本番を迎えることになります。昔は人並みの葬儀にしなければ故人に申し訳ない、というような気持ちが強かったですが、最近は負担の少ない家族葬などを選ぶ傾向が強くなっています。故人は遺族に経済的な負担をかけたいとは思っていないはず、というような考えのほうが強くなってきているためです。実際身内だけの小さな儀式を望む遺言を残す人も多く、お金をかけることが故人のため、という考えは薄れてきています。

とはいえ、社会的地位が高かった人や、由緒ある家柄の人など、従来のお葬式を行う人はたくさんいます。その費用はまさにピンきりで、参列者の数や祭壇の種類などによって変わります。100万円程度で納まることもあれば、500万円以上かかることもあります。一般的には200~300万円ほどと考えておくと良いでしょう。

簡単に準備できる額ではありませんので、生前に自身の葬式代が出る保険に入る人もいます。決して無理をする必要はありません。正直に葬儀社に予算を相談し、相応しい式を手配してもらいましょう。喪服のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です