Skip to content

葬儀費用は大きく分けると3つある

葬儀費用の相場は曖昧です。ネットで調べると20万円くらいで葬儀があげられると書いていることもありますし、一般的には100万円以上はかかる、とも言われています。この差が出てくるのは、どこにどれくらいお金を使うか、ということで変わってきます。葬儀の費用は、大きく分けると、基本料金、立て替え料金、お布施、の3つです。

ネットの価格が安いのは、基本料金だけで表示されているからです。基本料金は、業者が利用者から受け取るお金で、祭壇や棺のお金、人件費などが含まれます。立て替え料金は、業者が事前に立て替えるお金で、火葬料、接待料、などです。お布施は、お寺に払うお礼のお金で、読経料や戒名料、お車代、などです。

基本費用だけだと安く見えても、実際には細々したお金で料金がかかってくるものです。料理、返礼品、移動のためのマイクロバスの料金、など色々あります。後でお金のことでトラブルにならないためには、見積もりのときに立て替えてくれるお金の繊細をしっかり確認しておくことが大切です。お布施は戒名料で大幅に料金が変わってきます。

戒名には位があり、下の位ならば20万円くらいでつけてもらえますが、上の位の戒名をつけてもらうには70万円くらいお包みする必要が出てきます。気持ちとは言っても、過去に戒名をつけてもらった人たちがどれくらい包んだかで、だいたいのお布施の料金が決まっているので、わからない場合には使ったことのある人に聞いてみると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です