Skip to content

お香典で賄う葬儀費用

最近では、参列者抜きで家族やごく親しい人のみで行う家族葬を希望する人も増えています。家族葬は一般的な方法に比べると簡易的ですが、故人のことをよく知っている身内だけで行いたいという場合には有効な方法です。また、費用面でも「家族葬だと負担が少なくなりそうだから」という理由で選ぶ人がいるようですが、これは半分しか正解ではありません。一般的な葬儀では、通夜や告別式に弔問客が来て、そのための接待費用が別にかかります。

この分を省けるので家族葬は安くできると考えられがちですが、実際には参列者からのお香典で費用が負担されるので、それほど接待代はかからないこともあります。やりくりすれば、お香典で葬儀のお金を賄える可能性もあるということです。葬儀自体にかかるお金は増えますが、実際にはお香典のお金で喪主側の負担は減らせるということです。他にも、負担を少なくできるポイントはあります。

それは、火葬場です。どこの火葬場を利用するかによっても料金は変わります。最後のお別れの時にお金のことを考えるのは不謹慎な気もしますが、満足のいくお見送りをするためには、お金のことを抜きにしては考えられません。生きている以上は、今後の生活費にもお金がかかります。

葬儀をやってそれでおしまい、というわけにはいきません。故人の死によって精神的にダメージを受けている時に、お金のことを細かく考える余裕はないかもしれませんが、遺族で協力して慎重に検討することが大事です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です