Skip to content

葬儀は費用が主なことでは

葬儀を行う時の費用について不透明だと言われてきていたのは一昔前のことです。しかし、現代社会では情報社会となってきており、全く違ってきているのです。インターネットなどを通じて葬儀にかかる料金の明確化に努めて、葬儀を行う前にきちんと明細の見積書を提示する会社が多くなってきています。葬儀費用を知りたいと思った時によく出てくる数字として表されているのには、葬式費用一式(葬祭会社への支払い金額)、飲食接待費(料理や返礼品などの金額)、お布施があります。

このような金額は一般的なものとなるのですが、その数字にこだわることは不要です。亡くなった人の立場もそれぞれです、仕事をしている場合にはその肩書きや役職などにより違いもあります。また、家族や親戚が多くいる場合や、反対に身内が少ないような時もあります。また、亡くなった方の生前からの意向や、家族の意向もあります。

その地域によっても葬式に対する考え方の違いもあります。それなので金額は一様にはいえないことや、どうあるべきということもありません。亡くなった人と、丁寧で気持ちのこもったお別れをすることが大切です。金額の多寡では何も測ることができないのです。

感謝の気持ちを持ちながら送ることができるような会社や担当者に依頼をして送ることが大事です。精一杯の気持ちを形にあらわして葬式を行うことで、残された家族の気持ちの整理がつき、これから前向きに生きていくための儀式でもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です